紫外線が原因で陽焼けしてしまう肌の仕組み

長い時間、UVを受けると日に焼けちゃう事は、たくさんの人が理解してますよね。日焼けしてしまう元になるUVというのは、一体どのような物でしょうか。

紫外線光というものは、太陽光のひとつで、タイプをA波紫外線、B波、C波紫外線にわける事が可能なのです。硝子のような光を通す物体では、太陽光a波自体をさえぎる事が出来なくて、肌へと到達します。硝子を挟んで太陽の光をあびていた時や、自動車の運転を行う場合も、紫外線a波というものはすり抜ける為サンタンしてしまいます。

また、UVb波というものはオゾン層で遮断されてしまうので、雲の多い日や、雨が降っている日減退するのです。天候により照射の量が変化する紫外線量とは、此のUVB波なんです。

太陽光C波が日焼けに関係はないのです。何故なら、紫外線C波は雲を突破できないためなのです。

a波というものは、窓ガラスを突破する事が可能なため、肌の奥の真皮層へと届いてしまいますが、有害性で言うならb波ほどではないと言われているのです。

肌の日焼けのことを考えたら、部屋で紫外線光をあびる為、常に対策を取る必要のある紫外線なんです。皮ふの色が黒くなる事が、肌焼けの効果ではじゃありません。シミや肌のくすみがふえて、たるみや肌老化元にもなるものなのです。

紫外線光で肌焼けをするのは、肌を防ぐ為にメラニン色素を増加する、防御反応なのです。黒く焼けた健康的なイメージを人にあたえるのですが、スキンケアの点から見ると皮ふにとってはいいことではない為、日焼け対処法がだいじなのです。